ねとねとねとはのねとねと日記

現実と想像とマンガ

『フラグタイム』の漫画と映画は似て非なるアナル

『フラグタイム』は名作だった。王道百合に施されたSF要素のキモは「共犯者」。映画も良かったが、漫画版の出来が上回っていた。その理由として、クライマックスの演出の差異が挙げられる。「ふたりの世界」と社会の関係性という点において、映画版ではメッ…

『タイムパラドクスゴーストライター』はパンツを宣言するゲーム理論

世の漫画は大きく二つに分けることができる。 パンツが描かれる漫画と、死んでもパンツが描かれない漫画だ。 お前らにおいては、このことは重々ご承知のことだと思う。 当たり前のことだが、漫画のコマの中の構図は、すべて作者がコントロールしている。美少…

漫画を読むならアナライズしろ

コロナの時代は立ち読みと相性が悪い。 コロナをうつし、うつされる覚悟が無い者はコンビニから去らねばならない。。。 この世界はもう変わってしまった。。。お前も変わる必要がある。。。 雑誌は電子書籍を買え。マンガアプリを入れろ。コミックdaysプレミ…

『付き合ってあげてもいいかな』を読んでいなかったからマウントは取れない

完全にしくじった。 年の瀬はマンガ・ランキングのシーズン。この1年間でどのマンガが一番面白かった? 私が所属しているサークル「漫画トロピーク」でもランキングの企画が毎年行われており、つい最近ベストnが決まった。現在鋭意編集作業中で年末コミケで…

『わたモテ 喪158』〜吉もこ吉まこ吉まこまこ……あばばば〜

聞こえる。お前らの、苦しみの声が。 私は家にいながらにして、森羅万象の声-koe-を聴くことができる。 この能力を持つことは非常に苦しい。大抵の声は苦しみに満ちているからだ。今日の11時29分までも、そんな苦痛の声に苛まれていた。そう、わたモテを求め…